須賀工業株式会社
技術情報
特許情報
技術メニュー紹介
計算コーナー
HOME
検索





技術メニュー紹介

循環冷却水の電解処理によるスケール除去性能について
建築設備において、屋外に設置されている冷却塔の循環冷却水系統では、冷却能力を発揮させるために、水質の維持管理は重要なメンテナンス項目とされています。 水質管理が十分に行われなければ、一般的にスケール障害,腐食障害,スライム障害を引き起こすことが知られており、エネルギーロスや過剰な水資源の消費などにつながります。 ここでは、無薬品処理の一手法である、チタン(Ti)電極を用いた電気分解法に着目し、陽極酸化被膜(TiO2)の絶縁破壊によって得られるスケール成分等の除去性能に関して解説します。

建築設備工事工業化工法の施工技術
最近の大型ビル、超高層ビル施工に関する建築の新工法と、それらに対応する建築設備の動向を述べるとともに、当社が施工した現場を踏まえて、プレハブ化、ユニット化、建築との一体化工法など、設備工事の省力化、工期短縮化工法の現状を報告し、当社の関係3工場をフルに活用したプレハブ工法など、設備工事の工業化への取り組みを紹介します。

設備配管の腐食と劣化診断
設備配管の腐食障害に関して、その原因と管種・管材別の腐食形態について整理概観するとともに、設備改修時などに必要な「配管の劣化診断」に係わる技術・技法と当社の取り組みを紹介します。

雑用水道の現状
大都市圏を中心に、普及・定着しつつある雑用水道について、最近の動向、計画設計法等の概要を述べるとともに、当社の施工実績を紹介します。

設備騒音の予測と制御
設備騒音の実例とその特性について概説し、当社で開発した発生騒音予測制御システムと、その適用例として、騒音許容値が厳しい音楽ホール等における空調設備施工実績を紹介します。

建築設備の省エネルギー計算
− PAL/CEC基準の計算と空調システムシミュレーションについて −
省エネルギー法に基づいた、建築計画時に必要となる省エネルギーの判断基準指標 [年間熱負荷係数(PAL)]および [設備システムエネルギー消費係数(CEC)]の計算システムと、現実的な年間稼動を想定した厳密な省エネルギー分析ができる空調システムシミュレーションを紹介します。

特定フロン対策について
有害紫外線から地球上のあらゆる生物を保護しているオゾン層に欠損ホールが発見されて以来、安定冷媒として多用されてきたフロンに対してその使用が規制されるようになっています。その代替冷媒の開発状況と消火設備で使用されているハロンの規制動向を解説します。

植物育成と環境要素
人と密接な共存関係にある植物の生育環境において、空調、換気、給排水などの諸設備に対して必要とされるパラメータを、生育段階に対応して概説します。
植物関連施設の企画設計時に有効なガイダンスです。

高度環境制御技術
クリ−ンル−ム、超純水、ハザ−ド防止など、産業・研究・医療分野等で要求される、高精度・高信頼・高安全な環境の実現に不可欠な高度環境制御技術について、その概要を具体例をもとに紹介します。

環境計量サービス案内(水環境編)
当社は、環境保全について真剣に取組み、環境指標となる水質、大気、騒音・振動等の計量・計測技術向上を大切に考えています。当社技術研究所では、分析・計測機器類の整備と利用技術の習熟を推し進め、平成5年には環境計量証明事業所として登録しています。
ここでは、技術研究所が行っている環境計量サービスの一端を紹介します。

消臭・脱臭
近年、環境問題の意識の高まりに伴い、「臭気」が注目されています。そこで、本資料は臭気関連の動向、悪臭防止法、臭気の測定法についてまとめ、さらに、消臭・脱臭技術の概要を示します。





Copyright:(c)2002 SUGA Co.,Ltd. All Right Reserved.